ノバルティスのこだわり

ノバルティスは、スイスに本拠を置くヘルスケアカンパニーとして世界的に知られています。ノバルティスは長い歴史の中において常に一貫して、患者のために様々な薬品や治療法の開発に携わってきました。それまでは難しいとされていた様々な分野にも幅広く挑戦しており、医療の可能性を広げる企業としてこれまでも注目され続けています。ノバルティスは科学的根拠に基づいたイノベーションを推進しています。そして現代の医学では非常に治療が難しいとされている様々な問題に取り組んでおり、その全てがれっきとした科学的な根拠に基づくように徹底しています。

日本においてもノバルティスは高く評価された開発パイプラインを保有しています。現在のところ約200のプロジェクトがあります。そしてそのプロジェクトを通して数々の新製品が生み出されているのです。ノバルティスは市場のニーズにこだわらず、患者のニーズを最重要なものとしています。そのためこれまでも幅広い分野において活躍をしているようです。循環器や代謝がんや呼吸器、中枢神経など数々の治療が難しいとされてきた分野において画期的な活躍を行っているのです。さらにこれからの研究も精力的に行われており、日本でも約30の開発プロジェクトが行われています。

ノバルティスは潜在的な市場規模で利益を優先するのではなく、アンメットメディカルニーズと疾患の科学的理解度によって開発を進めています。そのため、時にはそれほど利益が見込めないものだとしても、今後における医療発展のために積極的に研究を行うようです。特にノバルティスの科学者たちは細胞内におけるシグナル伝達経路の研究に携わっています。このシグナル伝達経路とは正常な細胞の機能を司る上で非常に重要な分野です。何か体に異常がある場合、このシグナル伝達経路に異常をきたしている場合が多く、結果として数々の病気を引き起こしているのです。そこでノバルティスはこのシグナル伝達経路の研究を進めることによって、大きな疾患へと繋がる異常を早期に治療することができるよう研究を進めています。

ノバルティスは、このような研究をイチ早く実用的に用いることができるよう、小規模な臨床試験を行っています。このような臨床試験によって早期に開発段階へと進めていくことができるそうです。研究の成果を単に研究室だけに留めておくのではなく、イチ早く医療の現場へ活用していこうとするノバルティスの努力は、今後も医療の発展において不可欠なものであり続けることでしょう。

管理人が選ぶサイト◇◇◇ノバルティスグループ各社のご紹介 | 日本アルコンについて | 日本アルコン株式会社

ノバルティスの研究の成果

優れた薬品の開発は多大な研究の成果と言えます。スイスに本拠を置くノバルティスという会社も、これまでたくさんの新薬の開発や治療法の開発に尽力してきました。ノバルティスの基本的な精神として、単に企業として利益を上げることだけを最優先するのではなく、あくまでも患者のニーズに応じた開発を行うことに徹底しています。その結果、時には潜在的な市場規模にこだわらず、ニーズと疾患の科学的理解度に基づいて研究や開発を始めます。そのため、しっかりとした科学的根拠に基づいた様々な研究が行われていくのです。こうした精力的な取り組みの結果生み出された新しい薬や、新しい治療法は数多くあります。その上ノバルティスは特定の分野にこだわらず、様々な分野における研究を進めています。何十何百ともあるプロジェクトの中で、実際の医療の現場へイチ早く研究の成果を活用できるような体制も整えているようです。

ノバルティスはとりわけ、細胞内のシグナル伝達経路と呼ばれる相互作用ネットワークの解明に力を注いでいます。なぜこのシグナル伝達経路と呼ばれるネットワークにノバルティスが注目しているのでしょうか。それはこのシグナル伝達経路に異常をきたすことによって、様々な大きな疾患の原因となっていることが判明しているからです。そのため、ノバルティスはシグナル伝達経路の解明を進めることによって、あらゆる疾患の早期治療に役立つと考えているようです。ノバルティスではイチ早く小規模な臨床試験を繰り返すことによって、今後開発を進めていく上で非常に有力な化合物を検出しています。このような臨床試験によって効率的に新薬の開発ができているのです。こうした積極的な取り組みによって、ノバルティスはガンなどの重大な疾患に対する革新的な医薬品もつくり出しているようです。

ノバルティスではこれまでその歴史を通じ、対象疾患の発生メカニズムあるいは原因が理解されているのかという点を開発プロセスの過程において重要なものとしています。また、患者のアンメットメディカルニーズが存在するかどうかという点も、開発の優先順位を決める上で不可欠です。この二つのシンプルでありながら重要な質問をじっくりと検討し、行うべき研究を選んでいるのです。また、ガン領域における最新の科学を追求することに注目を集めています。ガンを引き起こす要因の一つとしての遺伝的要因や、免疫システムの異常といったものを研究することによる、さらなる治療法や薬の開発に期待が持たれていることでしょう。

ノバルティスの研究方法

ノバルティスは、これまでに様々な疾患に対する画期的な治療法や薬品を開発してきた企業です。薬の開発には莫大な時間と資金が必要となりますがノバルティスは、常に患者のニーズのことを最重要視し、効率よく研究成果が現場へと反映できるような体制を整えています。スイスに本拠地を持つノバルティスは世界的な活躍をする企業として注目を集めています。ノバルティスは研究の仕方についても非常に熟練しており、臨床試験を効果的に行うことによって、その研究の成果を実用的なものへと進化させています。臨床試験とは科学的な疑問の答えを導き出すことによって、様々な治療法や予防法を見つけるための研究方法です。この臨床試験をこまめに行うことにより、その先の様々な研究も非常に効率よく行うことができるようになるそうです。

ノバルティスは創業以来、このような丁寧な研究によりたくさんの治療法を見出してきました。治療が困難と思われる疾患に対しても積極的に取り組んでいくことによって、患者への新たな治療のアプローチを提案しています。さらに新薬の開発にも力を入れており、研究の成果としての恩恵を世界中の人々が享受することができるよう、優れたジェネリック医薬品の開発にも力を入れているのです。そのため、経済的には貧しい国においても良い医療を受けることが可能となっているようです。

もちろん、医薬品の開発にはその安全性をしっかりと確保する必要があります。臨床試験を通して新しい薬や治療法が本当に安全なのかどうかしっかりと判断しています。臨床試験も四つの段階に分けて非常に細かく行われます。さらにノバルティスは、根本的な様々な疾患の原因となるシグナル伝達経路の異常を、早期に発見する研究でも知られています。シグナル伝達経路とは、タンパク質の複雑な相互作用ネットワークのことです。多くの場合、この相互作用ネットワークであるシグナル伝達経路に何らかの異常が見られると、あらゆる疾患へと繋がっていくといいます。そこでノバルティスは、このシグナル伝達経路における異常をイチ早く発見して対処することや、異常が起きないように予防することに力を入れているのです。そうすることによって早期に病気を治療することも可能ですし、重症化にならないよう予防をしっかりと施すことも可能となるらしいです。このような研究は、がんなどの非常に難しい病気に対しても、その治療法の発見が期待されています。このように、積極的な研究を通してノバルティスは、これからも世界中の医学に貢献していく企業として知られていくことでしょう。

ノバルティスの躍進

ノバルティスは長年、患者のニーズを最優先に考えた医薬品の開発や研究を進めてきました。 スイスに本社を置くノバルティスは、世界的に活躍する企業として知られています。 ノバルティスは革新的な医学の発展において大きな貢献をしてきました。その中でも、潜在的な市場規模にとらわれず、本当の顧客のニーズを考えることによる積極的な研究が、医学の分野でも注目を集めています。 ノバルティスは豊富な科学的な実験や知識に基づき、様々な病気の根本的な原因となる事柄を研究しています。その根本的な原因となるものとは、シグナル伝達経路の異常です。シグナル伝達経路とは細胞内にある相互作用ネットワークのことです。このネットワークに何かの異常がある場合、それが結局のところ様々な疾患の原因となるのです。 そのためノバルティスは、このシグナル伝達経路の異常をイチ早く突き止め、その異常を改善することによって大きな疾患に繋がらないようにと、研究を進めているらしいです。

このような日々の研究の成果をイチ早く現場でも活用することができるよう、 ノバルティスは早期の段階で臨床試験を行います。 臨床試験を行うことによってその安全性と有効性を正しく理解することが可能です。 ノバルティスはこのような緻密な研究と実験、 そしてそこで裏付けされた確かな根拠をもとに、新たな薬品を開発しているようです。 このような臨床実験をしっかりと行うことによって、様々な新薬の開発でも効率の良い方法を選ぶことが可能です。 そして患者のニーズを最優先に様々な研究を行うことにより、幅広い疾患に対する医薬品の創出にも成功してきたそうです。

しかしいくら優れた医療があったとしても、 経済的な理由でそのような医療を受けられないという人々もいます。 特に国そのものが貧しい場合、医療ニーズがあったとしても、それを満たすための財力がないということがほとんどです。 しかしノバルティスは、このような経済格差による治療の格差を少しでもなくすために、 優れたジェネリック医薬品の開発にも力を入れています。 とりわけこのようなジェネリック医薬品は、発展途上国などにおいて非常に重要視されています。 比較的安価ながらも優れた医療を受けられることによって、貧しい国においても多くの人が健康に暮らすことが可能となっているのです。ノバルティスはこれからもたくさんの研究をしていくことでしょう。現に200に及ぶ臨床開発プロジェクトが進行しています。 業界でも生産性の非常に高いパイプラインを保持していることから、これからもノバルティスは世界の医療を牽引していく企業の一つであり続けるのではないでしょうか。

ノバルティスの開発への熱意

ノバルティスは潜在的な市場の大きさにとらわれず、確固とした二つの点に絞って新薬の開発を行っています。一つは対象疾患の発生メカニズムやその原因を理解できているかという点です。この点を理解しているかどうかによって新薬の開発のスピードや内容に大きな違いが生まれるからです。また、もう一つのノバルティスが大事にしている点は、疾患に対する患者のアンメットメディカルニーズが存在するかということです。ニーズが存在していればそれだけ研究する価値のある対象として認識します。たとえそれが市場の大きさとしてはそれほど見込めないとしても、患者のニーズのために研究を進めるのです。結局のところこのような研究は様々な分野の専門家達の連携によって成り立ちます。そのため、ノバルティスが提携する科学者やノバルティスの社員たちによる柔軟な発想によって、新たな医薬品の開発や治療法が生み出されていくのです。

ノバルティスは創業以来、数々の薬品を開発してきましたが、その開発パイプラインは業界でも強力なパイプラインとして高く評価されているようです。専門家達もノバルティスのパイプラインを重要視する人が少なくないようです。現在のところ開発パイプラインには約200のプロジェクトがあります。そしてその200のプロジェクトの中でも数々の研究成果があがっており、数多くの新製品が今なお開発されているのです。ノバルティスは様々な分野の疾患において積極的に取り組んでいます。循環器や代謝、肝臓や皮膚、眼科に至るまで、まだ治療法が確立されていない分野にも積極的に参入します。患者のニーズを第一に考えたこのような取り組みによって、多くの人が先端をいく医療の恩恵を受けることができていると言えるでしょう。。

さらにノバルティスは、このような医療の発展を世界中の人々が平等に受けることができるよう、優れたジェネリック医薬品の開発にも力を入れています。こうしたジェネリック医薬品の開発が成功することによって、発展途上国のような比較的貧しい国においても先端の医療を受けることができるのです。日本においてもノバルティスは約30の開発プロジェクトを推進しています。このようなプロジェクトによって、製品の特徴を保証するための科学的な様々なデータが世界で用いられています。自らの会社の利益だけでなく、世界的に医療の発展に貢献することのできるノバルティスは、これからも注目を集めていくことでしょう。